ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

それでも人生は素晴らしい. 見終わった後に自然とそう感じる完成度の高い映画でした. 『フォレスト・ガンプ一期一会』のように一人の男を狂言回しに描いていく人生ファンタジーなんですが、こちらの方がより大人向けといった感じでした. そしてブラッド・ピットファンはあらゆる意味で必見の映画です. もしこれを見逃したらブラピファンとして完全失格だと断言できます. 冒頭から印象的だったのはたくさんのボタンの上に映し出されるワーナーブラザーズのロゴ. ワーナーがロゴで遊ぶ時は必ず何か意味があるんですよね. でも前半は予告編で見た通りに進んでいくので、正直そんなに印象的なシーンなどないように感じたのですが、タトゥーだらけの船長と出会ってからは、実はベンジャミンが出会った人全てから影響を受けているということがが分かってくるんです. かつて「出会った全ての人が人生の師である」という言葉を聞いたことがあるのですが、まさにこの映画はその言葉を映像化したようなもの. 外の世界に連れ出してくれる黒人の老紳士も、7回も雷に打たれたという老人も、女遊びを教えてくれた船長も、肌の色が違うのに育ててくれた両親も、ピアノを教えてくれた淑女も、英仏海峡断泳の夢を諦めたエリザベスも、そして自分を捨てた父親も全てベンジャミンの人生にとっての師匠. 視野が広がる喜び、人生への警告、男としての悦び、家族への愛、他人を憂う心、過去への後悔、そして自分自身のあるべき姿. その全てがデイジーをどう愛するかという答えを導くための人生教訓. そして人と人との出会いというのは、まさに衣服をボタンで繋ぐように何かしらの縁で繋がれているもの. ボタンの数だけ人生には出会いがある. ボタンの数だけ自分には人生の師がいる. そんな奥深さを感じましたよ. だからこそベンジャミンがデイジーの前から去ろうとする気持ちも分かるんです. 彼は歳を取るたびに若返っていく人生. みんなのように見た目も老いていくことがない分、より疎外感や孤独感を感じてしまう. もし普通の人生だったら、それこそジッパーのようにデイジーと2人で末永く暮らしていけたはず. でもデイジーとベンジャミンの人生は相反するもの. 2人が見た目も満ち足りて一緒にいられる時間は、2つの布をボタンで繋ぐように時間軸ではほんの一点のみ. たくさんの人と出会い、たくさんの人と別れ、たくさんの人と再会するベンジャミンは自分自身のことが分かれば分かるほど、人とは違う分より孤独を感じてしまう悲しき人生. デイジーを愛しているから別れなければならない、でももう一度逢いたい. そんなベンジャミンの悲しさと淋しさをデイジーが理解し、最後まで彼の人生を見届けてあげたのは凄く嬉しく感じましたね. 恋人に限らず、自分には愛する人がいる、愛してくれる人がいる. そのこと自体が永遠と思えるものなんでしょう. そしてブラッド・ピットファンとしてはまるで彼のこれまでの風貌とこれからの風貌を一気に見れたようで最高でした. 特にモスクワで不倫している時のダンディさは20年後くらいのブラピを想像させてくれますし、またデイジーとバレエ教室で再会するシーンでは『リック』や『リバー・ランズ・スルー・イット』の頃のブラピが帰ってきた! と感動してしまいましたもん. とにかくブラピの映画を見続けてきている人なら、きっとこの思いは理解してもらえると思います. ケイト・ブランシェットのクールビューティーさも素敵でしたが、ブラピファンとしては彼の美しさを堪能できた気分でしたよ. 深夜らじお@の映画館 は男性ですけど、ブラピファンです. 同じく若年性アルツハイマーを描いた 『私の頭の中の消しゴム』 とは違い、長年連れ添った夫婦ならではの深い愛情を感じられる作品でした. 泣かせようとする演出に走らず、ただ見ているだけで涙が溢れてくるような丁寧さが凄く好印象でしたが、それ以上にこの作品で日本アカデミー主演男優賞を受賞された渡辺謙の演技が一番印象に残りましたね. 公私共に絶頂のはずの頃に突然言い渡される「若年性アルツハイマー」という病名宣告. 病気を治す薬も進行を止める薬もない、そんな絶望的な状況を家族と一緒に受け入れなければならない辛さは相当なものだと思います. 自分一人なら幻想や悪夢ということで無理矢理にでも自分を納得させることはできますが、「家族と一緒に」となるともはや事実以外の何物でもないと認めざるを得ません. あの辛さは私も老衰で亡くした愛犬の死期を家族で話し合った時に経験しましたので、病院の階段で夫婦2人で泣く気持ちは凄く分かります. でもこういう時ほど、本当に女性って強いなぁ~とつくづく思います. 男性はすぐにぽしゃりますが、女性は諦めずにできることなら何でもやっていこうとしますよね. この映画でも奥さんが病気のダンナさんにキツい言葉を言うこともなく、ただひたすら愛する人のために頑張っている姿がすごく美しく見えました. そのためか後半になってダンナさんが何度も奥さんと結婚の約束をした、陶芸教室時代を思い出す姿はより彼ら夫婦の絆の深さを感じましたね. 大切な思い出をいつか忘れてしまうダンナさんにとっては、この思い出だけは何が何でも忘れたくないという気持ちが強く感じましたね. ですから思い出の土地で妻である自分の顔をダンナさんが忘れていても、あの頃の大切な思い出だけはダンナさんが必死になって心の中で守っているという愛情を感じたのでしょう. 奥さんが一度は涙を見せながらも、再びダンナさんと歩みだそうとする姿は、この映画の中で最も美しいシーンでした. 数ある夫婦愛の映画の中でも秀逸な作品だけに一人でも多くの方に見ていただきたいと思えた映画でした. 深夜らじお@の映画館 は最近物忘れが酷くなっています.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>