大手商社、6社増益 食料や電力下支え 9

大相撲初場所(12日初日)の取組編成会議が10日、東京・国技館であり、綱とりのかかる大関稀勢の里は初日に前頭筆頭の豊ノ島、2日目に小結妙義龍と対戦が決まった. 横綱白鵬は初日に小結栃煌山、2日目に豊ノ島の挑戦を受ける. 2場所連続優勝がかかった横綱日馬富士は昨年末に痛めた左足首が回復せず、休場が決まった. 豊真将、琴勇輝も休場. また日本相撲協会は北の湖理事長(元横綱)が初日から休場すると発表した. 腸の治療のため. 初日の協会あいさつなどは九重事業部長(元横綱千代の富士)が代行する. アディダス アディゼロ 北の湖理事長は昨年末の横綱審議委員会の稽古総見なども欠席していた. 大手商社7社の2013年9月中間決算は、海外事業の利益が円安で伸び、6社の純利益が前年同期を上回った. 稼ぎ頭だった資源関連の事業は新興国経済の減速で頭打ちだが、食料ビジネスや海外での電力事業など、資源以外の分野が利益を下支えしている. 商社の稼ぎは、物品販売などによる営業利益だけでなく、海外企業への投資による配当も含めた純損益が大きな意味を持つ. 各社とも増益部分の多くは円安の恩恵だった. 増益基調だが、中国など新興国経済の停滞を受け、年間の業績予想を据え置くなど先行きは慎重な見通しだ. SIMPLE DSシリーズ Vナイキ 通販ol.45

Comments are closed.