橋下氏、首相の参拝を擁護 「見送りやめた

自動車の世界耐久選手権シリーズ第6戦は19日、静岡・富士スピードウェイで公式予選が行われ、昨年優勝のトヨタは2、3番手につけた. アウディがポールポジションを獲得した. 20日の決勝は午前11時にスタート、6時間で争われる. 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は26日の記者会見で、安倍晋三首相の靖国神社参拝について「外交上の配慮で参拝を見送るのはもうやめよう、と判断したことは非常に合理的だ」と理解を示した. その上で「首相はずっと配慮し続けてきたが、吹っ切れたところもあるのでは」と擁護した. トピックス: 安倍首相が靖国神社参拝 安倍内閣は南スーダンの国連平和維持活動(PKO)で韓国軍に弾薬を提供したが、韓国側は「国連を通じた支援」としている. こうした韓国側の姿勢に橋下氏は「主権国家に対して著しい侮辱発言の連続. 韓国のあの反応はない. 関東大荒れ、横浜では大粒のひょう 一時竜 礼を言うのは当たり前」と批判. さらに「今のこの状況では、靖国参拝は外交上の配慮をする領域の問題ではなくなった」と指摘した.

Comments are closed.