無人機攻撃、米に高まる批判 国際的な規制

米軍がイスラム過激派殺害を目的にパキスタンなどで繰り広げる無人機での攻撃を巡り、本格的な議論が始まった. 国連の場で専門家が、少なくとも479人の民間人が巻き添えになったとの調査結果を報告. 国際的な枠組み作りを求める声が上がる. ただ、攻撃する側、受ける側も、それぞれ事情を抱えている. ■国連、専門家が米に説明要求 【ニューヨーク=春日芳晃】25日、国連総会第3委員会で報告を終え、会見した英国人弁護士ベン・エマーソン氏は語った. 「米国が主張する法解釈を、他の国々が受け入れていいのかというのは重要な問題だ. 東京電力の下河辺和彦会長(65)は、来年6月までの今の任期で退任する意向を固めた. バスケットシューズ 激安 新たな総合特別事業計画(再建計画)がまとまれば、経営立て直しに一定のめどがつくと判断したとみられる. 今後、東電と政府による後任選びが本格化しそうだ. 下河辺氏は弁護士. 福島第一原発事故後、原子力損害賠償支援機構の運営委員長を務め、昨年6月に勝俣恒久氏の後任として、東電出身者以外で初めて会長になった. 当初は1年間の予定だったが、安倍晋三首相が続投を求めたのに応じ、2期目に入っていた.

Comments are closed.